2014
02/21

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校には色々な方がいます

通信高校に通われる前に知っておきたいことは、みんながご自分と同じ学年の方ではないという事ですね。
年上の方や働いて社会に出ている方、将来の夢に向かって頑張っている方など本当に様々な方がいらっしゃいますので、色々な話をすることが出来て楽しいかと思います。
普段なかなか関わる事の無いような分野の方もいると思いますので新鮮で興味深いと思いますよ。
中には社会経験を積んだご年配の方もいらっしゃいますので、人生のアドバイスなどをもらう事も出来るかと思います。


通信高校だから怖くない

不登校になってしまいその結果卒業単位を得ることが出来なかった方や、人間関係に不安を抱いている方も通信高校に通われています。
ですが、全日制のように上下関係に厳しくはありませんし顔を合わせることも少ないですので怖いことはほとんどないかと思います。
また、カウンセラーを設けているところもありますのでそちらで話を聞いていただくこともできますので、そういった場所を利用して少しずつ変わっていけたら良いかと思いますよ。
ゆっくりでも良いので一歩踏み出してみましょう。


時間が沢山あるのが嬉しい

通信高校の特徴は時間が沢山あることですので、その分好きなことなどに使ってみましょう。
ご自分の趣味に費やしてみたり、アルバイトに回してみますとか時間の使い方はご自分の自由ですので色々活用していきましょう。
自己管理をしっかりしながら毎日を充実させていきましょうね。
また、時には息抜きをすることも忘れずにして下さいね。

おすすめリンク:通信制高校は学費を比較してみる(http://www.sevillaporlarepublica.org/)

2014
08/28

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校を卒業した際の最終学歴

通信高校へ進学すべきか、高等学校卒業程度認定試験(旧大検)の合格を目指すのか、どちらを選ぼうかと悩むこともあるでしょう。この違いは、それぞれの最終学歴にありますので、それも加味して考えてみましょう。


<通信高校と高等学校卒業程度認定試験の合格者、その最終学歴>

通信高校を卒業すれば、高校卒業の資格が得られます。最終学歴は高校卒業となり、通信制だからという遜色はなにもありません。高等学校卒業程度認定試験の合格者は時点で、高校卒業と同等の学力があることを認められただけで、高校卒業の資格を得たわけではありません。高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、受験要件に高卒以上の能力を有することがある国家試験や大学の受験資格を得たことになります。次の目的がしっかり決まっているならば、この選択は大変合理的です。受験する年の試験日の年度の終わりに満16才以上になる人であれば、誰でも受験することが出来ます。中学を卒業した年に目指したならば、その年に合格することもできるのです。かといって高校卒業の資格は得ていませんので、合格した時点でも最終学歴は中学卒業です。最終学歴が中学卒業だからといって社会的に不利だなどということではありませんが、高校を卒業した資格は持っていないんだということは認識しましょう。高校卒業資格を重視すれば、通信高校の卒業を目指しましょう。

2014
05/30

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

毎日が充実の通信高校生活

色々な事情で全日制高校や定時制高校へ通うことが出来なく、また不登校などの高校生が学びたいと思う志を叶えるのが通信高校です。特に不登校の高校生は、本来学びたい気持ちがあるにもかかわらず集団生活に慣れず、友人たちの中にも入れず不登校に陥っている人も多い。働く人にとっては、空いた時間好きな時間に勉強が出来るので、充実した日々を送る事が出来ます。通信高校は通学の必要が無く、一週間に一回程度の通学で済むので、時間的制約が無く自由度が高くあらゆる条件の人に向いた学習制度と言えます。


<卒業資格に差はありません>

通信高校を卒業した暁には、全日制高校や定時制高校を卒業した資格と何ら差はないので、各種公的試験や大学や専門学校への進学も全く問題はありません。アスリートやミュージシャン、タレントなど昼間や夜間に時間が取れない人たちにとっても、時間的自由度がある通信高校は願ってもない制度です。


<専門性の高い学習も可能です>

働く人にとってもう一つの利点は、専門的な仕事に従事している人にはその道に通じた通信高校もあるので、仕事をしながらさらに上位の知識を吸収し、技術・ノウハウを培うこともできます。仕事と勉強の両立により、仕事の専門性を高め、知識と技術両面で磨きを掛けることが出来るので、一挙両得です。苦労して働き勉強することで、人生体験が倍増その充実感と達成感は何物にも代え難いものです。

2014
05/30

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

毎日が充実の通信高校生活

色々な事情で全日制高校や定時制高校へ通うことが出来なく、また不登校などの高校生が学びたいと思う志を叶えるのが通信高校です。特に不登校の高校生は、本来学びたい気持ちがあるにもかかわらず集団生活に慣れず、友人たちの中にも入れず不登校に陥っている人も多い。働く人にとっては、空いた時間好きな時間に勉強が出来るので、充実した日々を送る事が出来ます。通信高校は通学の必要が無く、一週間に一回程度の通学で済むので、時間的制約が無く自由度が高くあらゆる条件の人に向いた学習制度と言えます。


<卒業資格に差はありません>

通信高校を卒業した暁には、全日制高校や定時制高校を卒業した資格と何ら差はないので、各種公的試験や大学や専門学校への進学も全く問題はありません。アスリートやミュージシャン、タレントなど昼間や夜間に時間が取れない人たちにとっても、時間的自由度がある通信高校は願ってもない制度です。


<専門性の高い学習も可能です>

働く人にとってもう一つの利点は、専門的な仕事に従事している人にはその道に通じた通信高校もあるので、仕事をしながらさらに上位の知識を吸収し、技術・ノウハウを培うこともできます。仕事と勉強の両立により、仕事の専門性を高め、知識と技術両面で磨きを掛けることが出来るので、一挙両得です。苦労して働き勉強することで、人生体験が倍増その充実感と達成感は何物にも代え難いものです。

2014
05/01

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校の課題を進めるには?

通信高校では課題を出されて、それをスクーリングの際に提出する必要があります。
これをしっかりやらないと単位を取得することが出来ないので、ちゃんとこなすようにして下さいね。
どうすれば課題を進めることが出来るのか、それは毎日コツコツ進めていくのが一番ではないでしょうか。
毎日、1時間だけでもいいから勉強する時間を作って進めていくようにしてみたらどうでしょう。


通信高校だからといって気を抜かないように

通信高校は、毎日通学する必要が無いので、自宅で過ごしている人が比較的に多いと思います。
でも、怠けてしまったり課題を全く進めないというのは良くないので、自己管理をしっかりするようにして下さいね。
夜遅くまで起きていてお昼近くに起きる・・・そんな生活は時間がもったいないので、出来るだけ規則正しく過ごすように。
また、具合が悪い時は無理をせずに休養をとるようにして、また元気になったら自由に行動を。


課題を進める場所は?

通信高校の課題を自宅で進めている人が多いですが、やっぱりだらけてしまったり集中力が持続しませんよね。
だから、行なう場所を変えてみるのもいいと思いますよ、近くのカフェを利用したり静かな図書館を利用したり。
どうしても独力では難しいという人は、サポート校に頼ってみたり家庭教師にお願いするのがいいでしょう。

2014
03/13

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校で利用できる奨学金の種類

通信高校でも、奨学金制度を利用することができます。現在は年収910万円以下の家庭では就学支援金制度も利用できるので、公立の高校に通う場合は、高校生の学費がかからない可能性もあるそうです。通信高校などで利用できる奨学金にはどんなものがあるかをご紹介します。


通信高校の奨学金は返金不要のものもある

通信高校には奨学金を独自に設けているものもあります。特に資格を取得することのできる学校は、バックアップを行っている企業から貸し付けを受け、そこに規定年数の就職を行うことで返済を免除されるということもあるそうです。市区町村で受ける場合には、早めに書類を準備する必要があるものもありますから、ちゃんと学校の先生に聞いてみましょう。


日本の学費はどんどん高くなっている

日本の学費は高い、というのが世界で言われているそうです。昔は公立であれば自分でアルバイトなどをしながら通うこともできたそうですが、授業料そのものが引上げあれてしまい、不景気な現在、年収に対して学費の負担というのは非常に高いと言われています。通信高校などで利用できる就学支援金制度も、親の年収で勉強をしたいのに学習ができない、という環境が作られないようにすることも、目的に含まれているそうです。

2014
02/21

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校で卒業するには

通信高校は全日制高校や定時制高校と同様に正式な高等教育機関であり、また卒業する事でこれらと何ら遜色ない卒業資格を得る事ができると言います。具体的には最低三年以上の在学期間と74単位の所得が卒業条件となっている他、この74単位に含まれる必修単位には全日制と比べたらはるかに少ないもののある程度のスクーリングが含まれています。


通信高校に転校した場合

全日制高校に元々通っていて通信高校に転校や転入をする場合、例えば全日制に一年通っていた場合通信高校の卒業に必要な年数も最低二年に引き下げる等の配慮が取られます。また単位に関しても全日制で学んだ教科に相当する通信制の単位を所得したものを見なしてもらう事ができます。その為通信高校に編入した場合でも同学年の子と同じ年に卒業する事が可能です。


卒業には強い意思が必要

ただ通信高校はしばしば卒業が楽なイメージが持たれていますが一様にそうだとは言えません。例えばスクーリングの頻度が少ない事、また学校によっては先生からマンツーマンで指導が受けられる事などを考慮すれば確かに全日制より卒業は楽でしょう。しかし一方で通信制の主体は自主学習であり、全日制高校の子が毎日学校に通って学んでいる内容を自分で身につけなくてはなりません。その為卒業するという強い意思が生徒の方に無いと難しい部分があります。そんな時は通信制専用塾の役割を持つサポート校の力を借りてみるのも良いかもしれません。

2014
02/21

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校で彼氏・彼女は出来るのか

通信高校というとクラスメイトもおらず人と出会う機会がないから恋人なんか作れないと思い込みがちですが、実際はどうなのか通信高校の先生たちに調査してきました。


通信高校で恋人は出来るのか

通信高校の中には年に5日程度のスクーリング以外はずっと自宅学習のみでOKというところもあります。
「10代の子たちですからその辺は複雑なのだと思います。知らない人は怖いし、上手く人と話せないのが怖くて話しかけられないし、でもやはり異性は気になるし恋もしてみたいというジレンマと戦う子は多いです。そのジレンマ自体はとても良いことなので応援したいのですが、その応援の仕方が難しいのが辛いところです(笑)」<A高校・女性教諭>
知らない人は怖いけど恋人は欲しい。確かに難しいジレンマですね。


スクーリングはチャンスタイム

「当校では週5日通学コースから自宅学習コースまで色々ありますが、自宅学習の子たちにとってはスクーリングが貴重なチャンスタイムのようですね。
卒業までにスクーリングは3回あるので、1年目の時には誰にも話しかけられなかった男の子が、3年目には自分から女の子に話しかけて重たい荷物を運んであげているのを見た時には感動さえしました」<D高校・男性教諭>
通信高校ではスクーリングで出会って恋人になったという話は「あるある」のようです。

2014
02/21

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校は何で決めるのが良いのか

通信高校を決める際に皆さんはどこで決めるのでしょうか?
これはその方によって変わってくるかと思いますが、何が一番多いのか気になりますね。
費用の安さで比べてみたり、環境の良さやスクーリングの日数、何を選択できるのか色々比較できますので選ぶのも少々大変かもしれないですね。
一番はご自分が気に入ってその通信高校がご自分に合っているところだと思いますよ。
実際に通われる前に見学できるのでしたらしてみることをお勧めします。
実際に通われて何か違った・・・という事の無いように調べられることは調べておくようにしましょう。


通信高校でもクラブ活動ができます

通信高校でもクラブ活動をすることが出来ますので、まずます充実した日常を送ることが出来るかと思います。
自宅学習がメインですのでご自分の時間が多く、趣味やアルバイトに費やすことが出来て良いのですが中にはもっと他の人達と交流したいという方もいるかと思います。
そんな方はクラブ活動に参加してみますとか通学コースを設けているところもありますのでそちらを選ばれるのが良いかと思いますよ。


色々な情報を得てみよう

通信高校には色々な方が通われていますので、色々な話が出来るかと思います。
同じ年齢の方もいれば年下の方や年上の方もいらっしゃいますから、多くの情報を得ることが出来て新鮮で楽しいかと思います。
普段なかなか関わる事の無い分野の方などもいらっしゃると思いますので、そういった方とお話をしたりして交流を深めていくのもお勧めです。
もちろん、無理にはいいませんのでもし良ければ積極的に行動されてみて下さい。

2014
02/21

Category:
通信高校

COMMENTS:
No Comments »

通信高校はどんな人が通えるの?

通信高校にはどんな人が通えるのかについて疑問をお持ちの方も中にはいらっしゃるかと思います。
通信高校は高校を卒業されていない方が通えますので、高校を中退してしまったという方や中学卒業して就職をした方などが通えます。
また、欠席がかさんでしまって留年してしまった方や何かの事情で高校を卒業できなかった方なども通う事が出来ます。


通信高校は自宅学習がメイン

通信高校は全日制高校とは違い、ご自宅で学習をすることがメインとなりますので自己管理が必要になってきます。
自己管理さえしっかりできればご自分のペースで学習することが出来ますので、はかどるのではないかと思います。
分からない問題は本屋で参考書を買って解いてみたり、サポート校へ通って勉強を教えてもらったり、そのやり方は通う方によって変わってきます。


スクーリングもあります

通信高校は全く学校へ通う必要が無いのかといいますとそうではないのです。
ご自宅で課題やレポートを行ないますのでそちらを提出しに行く必要があったり中には授業を受ける必要もあります。
もちろん、その学校によってスクーリングに通う日数が異なりますので事前に色々調べてみることをお勧めします。
中にはインターネットからスクーリングという形を設けているところもあるみたいですよ。
何だか最近はすごいですね!

PRリンク>>>>高校中退者向けの進学サイト(http://www.alirush.com/)